読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年夏県大会】武生商業が福井工大福井相手に大健闘

f:id:gonsu_apa:20160718212811j:plain

f:id:gonsu_apa:20160718212820j:plain

福井県大会2回戦。センバツにも出場し、春の県大会王者の第一シードの工大福井に対して、武生商業がどこまで戦えるか、という注目の1戦だった。 結果は14-6の8回コールドだったが、その戦いは互角以上で、武生商業の健闘が光った。

では試合をポイントで振り返りたい。

1回の表、工大福井のエース田中投手がきりっとしない。武生の1番がレフトオーバーの2塁打からチャンスを作り、1アウト3塁。 ここはスライダーで3番、4番を連続三振。 武生にとっては先取点がとれなかったことが痛かったとは思うが、クリーンナップが凡退したのでこれは致し方ない。

一方工大福井は、1回にタイムリー、2回に本塁打と着実に加点。この2回の1番打者の本塁打は見事であった。

3回、武生の攻撃。このまま試合がワンサイドになるかという場面で、3点を追加できた。 これは、連打で無死1、2塁後、2者凡退。四球で2死満塁。 ここでレフト前ヒットも、レフトがファンブルし、一気に同点。 これで武生商は息を吹き返した印象がある。 互角に勝負できるという雰囲気になった場面だった。

その後4回、5回と工大福井は追加点。これ自体はもう致し方ない。 武生商の外野は基本的に後ろなので、2塁にランナーを置き、ヒットを打たれると自動的にランナーが帰る事になってしまうが 大きい飛球もしっかり捕球できていたのでこの作戦自体は、はまっていたと思う。 工大福井は外野へのライナーや大飛球が何本もあり、不運な面もあったかもしれない。 ここでビッグイニングを作らせなかった武生商に拍手を贈りたい。 漫画ラストイニングで1点差ゲームが重要と言われているが、まさに試合をコントロールしていたのは武生商だったかもしれない。 2点目を挙げさせるまでに、アウトをもらうという姿勢は徹底していたと思う。

5回の武生商の攻撃。お返しとばかりに先頭の9番打者が本塁打を放つ。 その後、1アウト1塁からサードゴロをエラーで1アウト2、3塁。 ここでの走者判断も見事だった。 その後ライト前ヒットで同点。 一方工大福井は今日3失策と王者らしからぬエラーが目立つ試合ではあった。

一方武生商は5回から投手を投手を交代。この交代は前の回の投球を見ると理解できるものであったが、 よく監督が決断できたと思う。同点に追いつけた事で交代しづらい場面ではあった。 強豪校に勝つ鉄則として、後手に回らない、博打に勝つというのは絶対にあると思うので見事な采配だ。

この代わった左投手も工大福井打線は打ちあぐねていた印象ではあった。 その後6回、7回に両チームが1点ずつを加え、6−6で7回裏へ。 このあたりで工大福井も焦りはあったとは思う。 6回裏に2死満塁で代打を送るも三振に倒れたことで、非常に嫌なムードになっていたのではと予測できる。 ピリッとしない田中投手、ビッグイニングを作れない打線、得点に結びつく失策で、工大福井にとっては嫌な流れだった。

その7回裏、1アウトからヒットで出塁。 この後工大福井はバントをサード前に転がすが、 ファーストへの送球が悪送球になってしまった。 ややベースカバーが遅れてしまったことで、送球が完全に慌てた形になってしまった。 ミスはつきものであるし、完璧なプレーをするのは難しいのだけれど、 ここまでノーエラーだったものが、格上相手にエラーで進塁を許すと一気に厳しくなる。 その後、1アウト2、3塁と非常に厳しい局面を作ってしまった。 ここで一気に攻勢をかけられ万事休す。

ただやはり打線の勢い。特に工大福井のクリーンナップの破壊力は見事だったし、 武生商業よくここまで接戦に持ち込んだと思う。 武生商業に拍手を贈りたい。 繰り返しになるけれど、よく1点ずつに攻撃を抑えて反撃に持ち込んでいた。 ここまで田中投手を攻略できるとは思っていなかったのでそれも見事。

工大福井は一度も逆転は許していないので、やはり自力、経験値があったということだと思う。 田中投手も尻上がりに調子を上げているように見えた。 この暑い中素晴らしかった。 田中投手はコントロールが安定していなかった印象でしたが、どうだっただろうか。 初戦の固さもあったのかもしれない。 ただ、初戦にこういう厳しい戦いを経験しておくと、後々非常に効いてくるもので 強豪校であっても地方大会で冷や汗をかいた後、すんなり勝ち進めることは多い。

対工大福井としては、やはり打線が強力なのでそこをどう抑えるか。 他のチームは今日の武生の戦い方は参考になったかもしれない。

別のブロッックでは敦賀気比が破れるという大波乱。 夏の予選は実力が拮抗してくるので、強豪校にとっても難しい戦いを強いられるのだと思う。 山崎投手はプロ注目の投手だがその評価はどう下されるだろうか。

【観戦記】工大福井-高岡商

f:id:gonsu_apa:20160605211427j:plain

福井市フェニックススタジアムで行われた2回戦第一試合は

工大福井のエース田中投手と高岡商の土合投手の投げ合いとなった。

初回に工大は相手のエラーがらみで1点を先制。

その後、ノーアウト1、2塁を作るもチャンスで凡退。

結果的にここで1点に終わった事が、高岡商にいけるという意識をもたらしたような気がする。

その後、高岡商は、1アウトからヒットででたランナーが盗塁。

ここで野手のミスもあり、3進。

その後、キャッチャーのパスボール(もしくは投手の暴投)

で追いついた。

田中投手のスライダーに手こずっていたが、思わぬ展開で同点に追いついたことが

非常に大きかったと思う。

正直、完封されるのではというくらい、田中投手が良かったように感じた。

また、高松商の10番、土合投手も尻上がりに調子を上げ、

試合の終盤は、福井に打たれる雰囲気が全くなかった。

富山のショートやファーストの好守備も攻撃のリズムを作ったように感じられた。

そして9回ワンナウトから連打で1、2塁。

ここの攻撃も見事で、ランナー1塁からエンドランが成功するのだからチーム力があるのだと思う。

福井よりやや力が落ちると見ていただけに、非常にレベルが高いと感じさせた。

これで富山2位、かつエースの背番号をもらっていない投手が良い投球をするのだから富山のレベルは高い。

2アウトとなり、代打針山選手。

初球の外角直球をライト前に。

代打は初球振り抜けるかどうかが全てだと思っているので、これはお見事。

外野は浅めだったので、回すかは微妙だと思ったが、2塁ランナーはホームへ。

ライトからの返球が来るも、間一髪セーフで高岡商がサヨナラとなった。

どちらに転んでもおかしくない好ゲームだったが、

最後、福井はカットマンがカットしたことでアウトにできなかったような気がする。

浅い当たりで、カットせずとも良かったとは思ったが、送球的にはなんともいえない微妙な

ところだったかもしれず、ミスとも言い切れない。

勝負強かった高岡商。好投手相手に粘り勝ちは見事だった。

田中投手は良い投手でドラフト候補にも上がりそうな気配もある。

周囲の観客の話では、この日は、スカウトも足を運んでいたらしいがどうだろうか。

いわゆるアーム式と呼ばれる投げ方はプロでは嫌われるようだが、

この日の速球、スライダーは見事だった。

第2試合では敦賀気比の山崎投手が打たれてしまい、

夏に向けて不安が残る。

負けたとはいえ、工大福井が夏の選手権の筆頭候補だと思う。

工大福井は、もう少し打線が打つかと思っていたので、

拍子抜けではあった。高岡商左腕、土合投手が本当に良い投球を見せたのでそれも難しいか。

左投手本格派10番に加えエースと、2枚投手を揃えているので、

甲子園出場となれば、工大福井以上に期待が持てるかもしれない。

【結果】日本ダービー

日本ダービーは。

3 マカヒキ

8 サトノダイヤモンド

1 ディーマジェスティ

だった。

上位人気がそのままきたということ、

皐月賞で上位にきた馬がそのまま入ったという感じだった。

ダービーは荒れにくい、という感じはする。

こうなると、中穴狙いとしては難しいところ。

それでも3連単は5000円ほどついているので、

荒れなさそうにないときは3連単で買うなど、

少し買い方を考えないといけないなぁと思う。

【予想】日本ダービー

本日の日本ダービーの予想です。

3連複BOX

1 ディーマジェスティ

3 マカヒキ

7 ロードクエスト

10 スマートオーディン

14 ヴァンキッシュラン

これで間違いないでしょう。

【結果】桜花賞

桜花賞はメジャーエンブレムが来ず。

前を塞がれただけで力はあったとは思うんですが、

まぁそれも競馬ということですね。

信用しすぎました。

他3頭は馬券に絡ませていただけに、後は買い方の問題だと思うんですよねぇ。

3連単で2万円近く付いたわけで。

5頭で3連復ボックスは1000円ですが

3連単だと6000円なわけです。

こうなるとリスクが高い。

フォーメーションで

5,12,13-

5,10,11,12,13-

5,10,11,12,13

これでも3600円。

5,12,13-

5,12,13-

5,10,11,12,13

これで1800円ですが

穴はあまり抑えられていません。

そこで考えます。5頭のうち、

1.1着に絡むと思う馬。今回なら3頭。

2.2〜3着に絡むと思う馬。今回なら1頭。

3.3着に絡むと思う馬。今回なら1頭。

これだと2700円。現実的なところまできました。

ここから倍率30.0以下をきると

買い目は2300円。これが現実的に期待値が高そうです。

これが3連単で効率の良い買い方と言えそうです。

今年度収支:-1600円

【予想】桜花賞(GⅠ)

桜花賞の予想です。

軸 ・5 メジャーエンブレム

相手 ・10 アットザシーサシド

・11 レッドアヴァンセ

・12 シンハライト

・13 ジュエラー

買い目は、

5-10-11、5-11-10を外した10点です。

配当があまり付きませんし、上位馬3頭が来る確率は低いように思います。

メジャーエンブレムは固そう。

チューリップ賞の上位1,2位のシンハイライト,13ジュエラーも悪くないです。

アットザシーサイドは、前走の上がりが良かった事、

レッドアヴァンセの前走は、出遅れがあっただけで、走りは良かったので

人気薄すぎるように思います。

【結果】大阪産経杯(GⅡ)

結果は以下。 予想したヌーヴォレコルトは来ず。 キタサンブラックにとってベストな、スローペースとなったのはある。 正直、キタサンブラックかヌーヴォレコルトかは最後まで悩んだところだった。 3連単BOXで4点買いだと点数が格段に増えるので、それだけのリスクをとれなかったのが正直なところだった。 また、枠的に7,8,9と連続で来るのかというのも懐疑的に思ってしまった。 それでも人気馬が上位に来るのが面白いところである。

1 7 9 アンビシャス 牡4 横山 典弘 1.59.3 02-02-02-02 33.4 56.0 468(+4) 2 3.9 音無 秀孝

2 6 7 キタサンブラック 牡4 武 豊 1.59.3 クビ 01-01-01-01 33.6 58.0 524(-2) 5 6.2 清水 久詞

3 7 8 ショウナンパンドラ 牝5 池添 謙一 1.59.5 1 1/4馬身 05-05-05-03 33.3 56.0 456(+14) 4 5.9 高野 友和

4 2 2 ラブリーデイ 牡6 M.デムーロ 1.59.7 1 1/2馬身 07-07-05-06 33.4 58.0 492(+4) 1 3 池江 泰寿

5 4 4 イスラボニータ 牡5 蛯名 正義 1.59.9 1馬身 05-05-05-06 33.6 57.0 476(-4) 7 18.5 栗田 博憲

6 3 3 ヌーヴォレコルト 牝5 岩田 康誠 2.00.0 1/2馬身 04-03-03-03 33.9 54.0 456(+9) 3 5.1 斎藤 誠

7 1 1 レッドレイヴン 牡6 柴田 善臣 2.00.0 クビ 09-09-08-09 33.5 56.0 510(-6) 8 125.8 藤沢 和雄

8 5 5 アクションスター 牡6 松若 風馬 2.00.4 2 1/2馬身 10-10-10-09 33.8 56.0 470(0) 10 278.3 音無 秀孝

9 6 6 タッチングスピーチ 牝4 福永 祐一 2.00.5 クビ 07-07-08-06 34.1 54.0 470(+4) 6 12.3 石坂 正

10 8 10 マイネルラクリマ 牡8 丹内 祐次 2.00.6 1/2馬身 02-03-03-03 34.5 56.0 474(-20) 9 228.5 上原 博之

11 8 11 ニシノビークイック 牡7 国分 恭介 2.00.9 2馬身 11-10-10-11 34.2 56.0 492(+4) 11 472.6 竹内 正洋